人により白髪になる年齢が違うのはどうしてなの?

一般的に白髪になり始めるのが30代後半から40代にかけてと言われています。ですが、中には40代になっても50代になっても白髪が全く生えてこない人もいれば20代など若い時から白髪が出始める方もいます。人により白髪になる年齢が違うのはどうしてなのでしょうか?髪の毛はメラニン色素の生成によって黒くなり、皮膚の表面に生えてきています。ですが、ストレスや食生活などによってメラニン色素の生成に個人差というものが生まれてきます。メラニン色素が働かなければ、どんなに若くても白髪が生えてきてしまうんです。現代のストレス社会や複雑な人間関係、不規則な生活リズムにバランスの偏った食生活は白髪の大きな原因となっています。規則正しい生活リズムや栄養バランスに関しては自分でも調整することが出来ますが、人間関係など自分ではどうすることも出来ないことも多くありますよね。そういったストレスが少しでも軽減するように、上手に気分転換することが大切です。加齢による白髪は防ぐことが出来ませんが、その人その人の努力によって進行を遅らせることは出来ますので、ぜひ頑張って若々しい黒々とした髪の毛でいたいものですね。女性用育毛剤 30代 効果