飲み合わせとサプリメントの弊害

サプリメントは、飲み合わせによって弊害が発生することがありますので、飲む時には気をつけなければいけません。サプリメントの弊害とは、具体的にどういったものがあるのでしょう。サプリメントではどんな飲み合わせの弊害があるかをチェックしてみました。ビタミンDは、カルシウムが小腸で吸収されるのを助ける働きがあるので、カルシウムとビタミンDを一緒に摂取できるサプリメント商品も販売されています。しかし、栄養素の組み合わせによって、吸収率がアップするどころか、吸収を阻害してしまうというものもあります。カルシウムを摂取する時に、鉄分も摂取すると、それぞれの作用が干渉してしまい、体内への吸収効率が低下してしまうといいます。キトサンやDHAのサプリメントを、痩身のために使う人がいます。体脂肪を減らす役に立つとされていますが、健康状態によくない影響がある場合があるようです。これらは飲み合わせに気をつけたいサプリメントの例です。薬とサプリメントで、弊害が出ることがあります。病院で薬を出してもらう時にサプリメントを使っているという人は、かかりつけの医師に相談してみましょう。薬とサプリメントで飲み合わせの悪いものがいくつかあります。経口避妊薬と大豆イソフラボンの組み合わせや、マグネシウムと利尿効果がある薬などがよくない組み合わせです。グレープフルーツに含まれている成分は、心臓に何らかの病気を持っているという人には悪い効果が出るようです。思わぬ弊害を避けるために、サプリメントと薬を同時に飲むような時は、専門家の話を聞いて安全性をチェックするといいでしょう。http://hmb女性.biz/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です