看護師の勤務体制

看護師の勤務体制は、他の職種に比べると特殊である上に職場によっても違ってきます。体制は一般的に、2交代制か3交代制のシフトで回しているというケースが多いでしょう。2交代は大体3割、3交代制は大体7割となっていて、3交代制を取り入れている病院が多いです。しかし、2交代制の方が休日が多いため、2交代制がいいと思う看護師も少なくありません。看護職の人がよりマッチした仕事を探すなら、勤労条件についての要望を始めにリストアップするのがよいでしょう。泊まりでの勤務は荷が重い、休みの日が減るのは困る、患者さんの息をひきとる場は遠慮したいなど、個々の状況によって優先したいことも違ってきます。今の日本ではナースの手が足りない職場はたくさんありますので、負担になる労働環境で我慢して勤める必要はないのです。看護職員の方が別な環境へ移りたいと思った要因としては、ステップアップと説明するのが良策です。たとえ事実であったとしても、元の仕事で人との関わりが辛かったとか、待遇が良くなかったといった、負の動機であった場合、それだけで評価を下げることになりかねません。たとえ本音がそうだとしてもストレートに伝えることはないですから、建設的にキャリアを積もうとしているということを表明してください。高校進学時点で衛生看護科に入学すると、国家試験の受験資格を得るのが他の方法よりも早いので、一番早く、看護師の資格を得ることができるでしょう。でも、在学中に進路を変更したくなっても変更するのは簡単ではありません。また、受験資格を得るまでには、最低5年でいいのですが、準備期間が足りないために勉強したり、実習をこなす量が少なくて試験に合格するのが簡単ではないという面もあるそうです。看護師が転職する際の要領としては、やめる前に新たな職場を探しておいたほうが良いでしょう。それに加え、3ヶ月程を使って念入りに確認しながら次の職場を見つけましょう。急いで決めた仕事だと、再びやめることになる場合もあるので、希望した条件を満たす職場をしっかりと見つけるようにしましょう。ですので、自分の中で条件を明確にしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です