ココナッツオイルのスキンケア

最近、ココナッツオイルをスキンケアに使う方が女の方が劇的に増えています。使い方は簡単で、化粧水の前後に塗ったり、スキンケア化粧品と混ぜて使うと効果が期待できるようです。他にも使い方は様々で、メイク落としに使っている方、マッサージオイルとして使っている方もいらっしゃいます。当然、食べる事でもお肌にいい影響を与えます。ですが、体に吸収されるものですので質の良さにはこだわって選びたいですね。冬になるにつれ空気は乾燥していき、肌の水分も奪われがちです。潤いが肌に足りないと肌トラブルの要因となりやすいのでケアが必要です。乾燥による肌荒れやシミ、シワなどを起こさないためにも保湿と保水をしっかりと行なうようにして頂戴。乾燥する時期のスキンケアのコツは乾燥から肌を守ることが重要です。カサカサ肌と言う場合は、低刺激の洗顔料を選択してよく泡たてて、出来るだけ、肌をこすらないようにして頂戴。力強く洗うと肌に悪いので、優しく洗うことが注意点です。さらに、洗顔の次に必ず保湿をするようにしましょう。化粧水だけに限らず、乳液、美容液、クリームなども場合によって用いるようにして頂戴。洗顔後の保湿はドライスキンの予防・改善に必要なことです。おろそかにしてしまうとますます肌を乾燥指せることとなってしまいます。そのほかにも、クレンジングや化粧用品も保湿力のあるものにする必要があります。ほかにも保湿効果のある入浴剤を使用したり、温度の高いお湯を使用しないというのもドライスキンに効果的です。もし肌荒れに対処する場合には、セラミドを摂取するようになさってみて頂戴。セラミドという物質は角質層における細胞間の様々な物質と結合している「細胞間脂質」です。角質層は何層もの角質細胞から構成されていて、これが細胞同士を糊のごとく結合指せています。皮膚の表面の健康を保持する防護壁のようなはたらきもあるため、必要量を下回ると肌荒れしてしまうでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です